人気ブログランキング |

2011年 09月 01日 ( 1 )

 

「防災の日」

 きょうは「防災の日」。全国各地で大地震を想定した避難訓練が行われています。

 東京では「首都直下地震」を想定し、JR東日本が品川駅で帰宅困難者を避難所に誘導する訓練えを行ったほか、警視庁は幹線道路100ヶ所を一斉に通行止めにして緊急車輌の通行を確保する訓練を実施。

 中部電力浜岡原発(静岡県)では全電源が喪失したと想定して訓練。夜間に避難訓練を実施したところもありました。

 また、由利本荘市岩城地区ではJR秋田支社が羽越線に訓練用の電車を走らせ、緊急停止した後に乗務員が乗客を最寄の高台へ誘導する手順を確認。同支社では男鹿線や五能線も海岸沿いを走っていることから、「沿線の自治体から情報を得て、高台の避難場所を把握していきたい」としています。

 東日本大震災では大停電、大規模な交通マヒ、原発事故、大津波による未曾有の被害が発生したことから、具体的な計画での避難訓練が多く見られました。今後は様々な事例の情報を広く公開し、避難への共通認識を深めたいものです。

 ところで私は、大震災後で初めて岩手県大槌町、山田町、釜石市、大船渡市を訪問。壊滅的な被害を受け、瓦礫の山と荒野になった街や集落には人影も少なく、言葉を失ってしまいました。大震災から間もなく半年になるというのに、あまりにも被災規模が大きく、ようやく瓦礫の集積が終わりつつある段階で、復旧・復興は全くこれからです。

 長い間に形成されてきた街の姿や産業、人々の仕事もコミュニケーションも一瞬にして奪われてしまった被災地。今後はインフラ整備、産業振興、まちづくりなどの課題は山積していますが、「住民に希望のもてる復旧・復興計画」を早急に作らなければなりません。被災自治体はもちろん、県や国の強力な支援が必要です。

by shouichiro_sato | 2011-09-01 22:21 | 今日の出来事 | Comments(0)