人気ブログランキング |

2011年 06月 10日 ( 1 )

 

居眠り運転

 JR北海道はきょう、8日の朝に札幌発新千歳空港行きの「快速エアポート6号」で、運転士が居眠り運転していたと発表しました。

 この運転士(26歳)は昨年8月にも乗客から居眠り運転の指摘をされていましたが、本人が否定したために処分はされなかったとか。今回は乗客が撮影した居眠り映像のDVDが送られてきたため、認めています。

 運転士は連続勤務で、5時間ある仮眠時間に寝付けなかったと話しているとか。速度調整レバーから手を離したり、踏み切りの安全確認もしなかった時間が約3分あるようですから、重大事故になる可能性もありました。

 ところで、新幹線を含めて、電車の運転士はほとんどが一人で運転席におり、万が一、体調不良などの場合はどうなるのだろうと思っておりました。例えば仙台~大宮、東京~名古屋などの区間はノンストップで走る新幹線もあり、長時間の緊張が続きます。

 新幹線の運行は中央指令所で完全に管理されているというものの、心配ないのか。合理化や効率化を求めるあまり、安全へのロックはシッカリ確保されているのか。

 「想定外」の出来事は必ず起きることが今回の福島第一原発事故で明らかになりましたから、居眠り運転のニュース映像を見て、不安になりました。

by shouichiro_sato | 2011-06-10 20:57 | 事件・事故 | Comments(0)