人気ブログランキング |

2011年 05月 02日 ( 1 )

 

平鹿総合病院

 午前6時30分ころ、横手市の妻の実家にいる義兄から、「父さんの体調がオカシイ。救急車を呼んでいる」と電話あり。早速、妻と息子の3人で厚生連平鹿総合病院に駆けつけました。

 救急外来で診察した先生は義父さんの症状やCT画像から、(頭の)硬膜下に血の塊ができて右脳を圧迫していると診断し、早く手術することが望ましいとのこと。

 それから1時間余の後、入院や手術について担当の看護師や医師から丁寧な説明が行われ、集中治療室で義父と面談。10時には手術室に運ばれました。

 その後、病院から5分ほどの実家に行って、義母さんに状況をお話し、必要なものをそろえて再び病院へ。

 午後2時過ぎに手術は終了。執刀した先生が術後のCT画像を提示しながら、手術の内容を詳しく解説してくれました。結果は良好。素人目にも圧迫されていた右脳の形が正常に戻り、左右のバランスが改善されているのが分かりました。

 集中治療室で再び義父の様子を確認し、安堵と感謝の気持で病院を出たのは3時30分。朝の救急外来から病状の説明、その後の処置と、親切で丁寧な対応に敬服しました。

 義兄夫婦が昨日から実家に帰省中だったこと。大型連休の期間中ながら、きょうは月曜日で病院の診療態勢が万全だったことなど、幸運も重なった一日でした。

by shouichiro_sato | 2011-05-02 21:13 | 今日の出来事 | Comments(0)