人気ブログランキング |

2011年 02月 28日 ( 1 )

 

郵便事情

 岐阜市に来てから購読している郷土の新聞「秋田魁新報」は、秋田市の本社から郵送されてくるために、発行日から2日程度遅れて届いています。それを承知の上で愛読しているのですが、2ヶ月ほど経過したところで、ある郵便事情に気がつきました。

 新聞は毎日発行されますから、2日遅れでも毎日届いてほしいのに、宿舎のあるこの地域では土日に配達をしないようで、月曜日のきょうは3日分が一緒に届くのです。

 民間のメール便などは毎日配達しているのに、民営化された郵便事業会社の仕事は旧態依然なのでしょうか。

 ところで、きょう総務省に届けられた日本郵政グループの郵便局会社は、2012年3月期の営業損益が約110億円の赤字に転落すると見込んでいます。11年3月期では160億円の黒字の見通しでしからら、この1年間で経営状態が大きく悪化すると予想されています。

 多額の営業赤字を抱える郵便事業会社(日本郵便)の経営悪化が、グループ内の別会社にも波及しているのです。同社の12年3月期の営業損益では、970億円程度の赤字が見込まれるとか。

 非正規社員を正社員に登用するなど、民営化後の郵政各社に期待していたのですが、まだまだ道半ばのようですネ。

by shouichiro_sato | 2011-02-28 23:52 | 今日の出来事 | Comments(0)