人気ブログランキング |

2011年 01月 29日 ( 1 )

 

自然の猛威

 宮崎と鹿児島の県境にある霧島連山・新燃岳(しんもえだけ・1421m)が爆発的噴火を起こしています。27日には上空3000mまで噴煙が上がり、風下に当る宮崎県方向には大量の火山灰が降り注いでいます。

 同県高原町や都城市では住民生活に影響が出ているほか、露地野菜やビニールハウスに灰が積もり、被害も発生しています。宮崎県では昨年は豪雨と口蹄疫、今年になって鳥インフルエンザが発生し、今度は噴火・・・と、災難が続いています。

 一方、日本海側では平年の2~3倍の積雪となり、まだまだ降り続く模様です。日本列島の各地で天変地異が起きています。

by shouichiro_sato | 2011-01-29 22:10 | 社会・話題 | Comments(0)