人気ブログランキング |

2010年 09月 27日 ( 1 )

 

「したたか」

 尖閣諸島で中国の漁船が海上保安庁の巡視船と衝突した事件では、漁船の船長を逮捕したことで中国が反発し、丹羽宇一郎・駐中国大使を深夜に呼び出して抗議したことは記憶に新しいところ。

 その後の中国は閣僚級以上の交流停止、訪日旅行のキャンセルや希少資源レアアースの輸出停止?など、さまざまな圧力を行使し、ついには温家宝首相が「さらなる行動をとる」と表明。結果、日本政府は「処分保留」のまま船長を釈放し、中国政府が用意したチャーター機で帰国させました。

 日本の領海内でありながら、中国の傍若無人の振舞い。その上「謝罪と賠償」を求めるなど、中国の姿勢はエスカレートしています。日本政府はここで曖昧にすることなく、しっかりと日本の主権を表明しなければ、まだまだ問題は長引くでしょう。「大人の対応?」で穏便に収めようとしたところで、相手はしたたかです。

 河北省で拘束されている4人の日本人の問題で26日、丹羽大使が中国外務省側に会談を申し入れたものの、中国側が応じなかったことがきょう明らかになりました。拘束した容疑も発表しない中国当局。船長を帰国させたことで、仙石由人官房長官は「ボールは中国側にある」と述べていますが、水面下ではどのような交渉が行なわれているのか。今までのところ、日本政府からは強いメッセージを感じることができません。

 政治主導を公約した民主党ですが、中国と交渉できる政治家は不在のようですネ。

by shouichiro_sato | 2010-09-27 22:40 | 国政・時事 | Comments(0)