人気ブログランキング |

2008年 03月 05日 ( 1 )

 

啓蟄(けいちつ)

 きょうは暦の二十四節季の一つである「啓蟄」。大地が暖まって、地中にいる虫が這い出てくる頃とされています。秋田市泉の天徳寺では、害虫を集めるために境内の樹木に巻いていたむしろを取り外す「こも外し」が行われました。しかし、実際の天気は冬に逆戻りしたような大荒れ。春とは名ばかりで、県内の一部には大雪注意報が発令されていますから、まだまだ油断はできません。

啓蟄(けいちつ)_f0081443_20233595.jpg

 ところで、この写真はきょう午後5時頃の日本海沿岸東北自動車道・由利本荘市岩谷付近。同市の松ヶ崎亀田ICから本荘ICへ向かう上り線で、国道105号の高架橋を越えて芋川にかかる手前です。岩城IC~仁賀保IC間が開通してから、この区間は風が強くて運転に支障があると思っていたところ、(写真の左側)案内表示を過ぎて芋川にかかる直前で、1月には大型トラックが風にあおられて横転し、高速道路から落下する事故が発生しました。

 トンネルと山間の高い場所を走る道路だけに、「吹流し」のような風の方向と強さを示す表示が必要だと指摘してきましたが、ようやく最近になって写真の右側にあるような、小さなオレンジ色の旗が随所に設置されました。ドライバーからすると、「たかが旗を設置するのにこんなに時間がかかるの?」と、対応が遅くて不安でした。開通して初めての冬であり予想できなかった事態だとしても、今年のデータを基にして施設の充実に努めてもらいたいと思った次第です。


 《 お知らせ 》 

 久しぶりに秋田の事務所にいたら、嬉しい電話を数件いただきました。3月10日(月)午後6時30分から、秋田市有楽町・プレイタウンビル2階にあるドリームワールドで開催する、「『さとうさん』としゃべらナイト」への参加申し込みです。誠にありがとうございました。

 ジャズやハワイアンの演奏を楽しんで、ゲストと私が語り合う「さとうさんと辛口トークショウ ~これでいいのか?秋田県~」のプログラム。「秋田、これでいい会?」の世話人のアイデアで、3月10日(さ・とう)に「さとう正一郎と話をしよう」と企画されました。ゲストはエッセイスト・あゆかわのぼるさんと、血液型研究家・辻田与五郎さん。食事(お弁当)にフリードリンクが付いて、会費(入場チケット)は3000円。参加を希望される場合は準備の都合上、事前に予約が必要ですので、 ℡ 018-866-6001 までお電話ください。

by shouichiro_sato | 2008-03-05 21:21 | 今日の出来事 | Comments(0)