人気ブログランキング |

2007年 12月 27日 ( 2 )

 

はがき

 郵便物の中に一枚のはがきを見つけた瞬間、「この綺麗な筆致は、もしかして?」と思って裏面を見たら、やはり湯布院の鶴岡先生ご夫妻からでした。

 羽後町と大分県湯布院町が交流を始めたのは、今から25年も前のこと。牛の飼育頭数が秋田県内一である羽後町が、野外焼肉大会を中心とした「うご牛まつり」を企画したときに、牛肉を食べて大きな声を出す「牛喰い絶叫大会」を開催していた湯布院町からアドバイスをいただいたのがきっかけとなり、「牛の丸焼きとワイン祭り」を行っていた北海道池田町と、3町でお互いが訪問するなどの地域興し事業が始まりました。

 その関連で湯布院町の小学生10数人が、教育長の鶴岡次人先生に引率されて羽後町田代にやってきたのは、厳冬の1月末に行われる「ゆきとぴあ七曲ホームスティー」の時でした。九州の子供たちに異文化の「雪国体験をさせよう」と、田代の子供たちと交流した2泊3日。もちろん民泊でしたから、わが家には鶴岡先生と随行の先生の二人が泊まってくれたのです。
 f0081443_23142416.jpg
 以来、先生とは遠く離れた地域ゆえに年賀状の交換しかできませんでしたが、わが家が喪中と知って、ご丁寧な挨拶状が届いたのです。湯布院町は合併して、現在は由布市になっていますが、5年ほど前に町村長の視察研修で訪問してからは伺う機会がありません。はがきを手にして、なつかしい湯布院の街や有名な温泉地、由布岳と麓の田園風景を思い出してしまいました。

 それにしても、月日の経つのは早いものです。当時の子供たちはもう30代になり、パパやママになった方もおられるでしょう。もちろん鶴岡先生も80代になられたはずですから、ご夫妻にはご健康に十分ご留意の上、良い年をお迎えいただきたいと祈念しております。願わくば、必ずや再会できることを楽しみにして、私も励んでいきたいと思います。 

by shouichiro_sato | 2007-12-27 20:39 | 地域活動 | Comments(0)  

羽後町の10大ニュース

 広報「うご」平成20年1月1日号の内容が、各家庭に配布されるより一足早く、町のホームページにきょうから掲載されています。新年を迎えるに当たっての特集企画、「元気な町をめざして」はスポーツや産業界の明るい話題を満載していますが、1年を振り返る「羽後町10大ニュース」も注目されます。今年の羽後町の主な出来事は・・・・・・・・

①秋田わか杉国体少年男女ホッケー競技会開催 町民の力を結集した国体運営で大成功
 
②電線類地下埋設施設整備事業完成 西馬音内盆踊り会場の本町通りから電柱が消える
 
③明通小学校閉校 小規模校の再編が進み120年の歴史に幕。明治と新成の統合も決定
 
④交通死亡事故ゼロ千日達成 交通事故による犠牲者に歯止めをかけ現在も記録更新中
 
⑤「沢の子の杜わか杉」運営開始 旧飯沢小の木造校舎を利用して交流活動拠点に整備
 
⑥「田代福祉センター」運営開始 旧上到米小の校舎は小規模多機能型在宅介護施設に
 
⑦貝沢浄水場完成 上水道の第2水源として整備され需要が拡大しても安定供給が可能に
 
⑧林道「登川山の田線」竣工 飯沢と湯沢市院内を結び「雄勝郡内ぐるっとロード」が完成 
 
⑨地元産そば焼酎完成 転作作物からそば粉・蕎麦屋・そば焼酎と夢が広がってきました
 
⑩地区公民館住民管理スタート 自立をめざす行財政改革で公民館は自主的な管理体制に

 こうしてみると、少子化の影響で歴史ある小学校の閉校などもありましたが、それを乗り越えて魅力ある町づくりに取り組んできた明るい話題が多かったように思います。それぞれに頑張ってきた多くの皆さんの努力があるわけで、敬意を表するとともに感謝したいと思います。

by shouichiro_sato | 2007-12-27 00:01 | 羽後町 | Comments(0)