人気ブログランキング |

2006年 10月 17日 ( 1 )

 

ようこそ田代へ、樹木医・黒坂登さん

 専門家はさすがです。実践を通した説得力ある指導に感激しました。

 田代後継者会(会長・阿部則夫さん)では地域の環境美化に参画しようと、田代の中心地にある河川の堤防に「桜」の植樹をしています。しかし最近、生育状態が心配なものですから専門家の指導を受けることにしました。どなたを講師にしようかと悩んだ結果、「やはり、秋田県の桜の名所は角館。確か、桜担当の専門家がいるはず」ということで、仙北市教育委員会文化財課の参事・黒坂登さんにお願いしました。

 黒坂さんは専門の試験に合格した樹木医6期生。普段は仙北市で文化財の保護に努めていますから、今朝は仙北市田沢湖町玉川にある特別天然記念物「北投石」の状況を観察した後、県立横手高校の桜を診断してから、羽後町田代に来てくれました。樹齢50年以上の桜がある七曲峠、植樹から15年の高瀬川の堤防の桜。そして地域の菩提寺「妙音寺」に隣接する、門前集落の人達が50年以上にわたって大切に育ててきた長楽園の桜(管理責任者・阿部敏夫さん)を見てもらい、今後の管理のあり方を教えていただきました。

 桜の樹勢と管理、様々な障害については現地で指導を受けました。会場を田代の総合交流施設「長谷山邸」に移動してからはOHPを使った講話で実に解りやすく、参加した「桜を守る会(会長・長谷山信介さん)」のメンバーも喜んでくれました。豊富な知識と実践に裏打ちされた黒坂さんのお話は、「目から鱗」の連続です。誠にありがとうございました。

 地球環境が悪化の一途をたどっている中で、樹木の生きる力を大切にしようという心に嬉しくなり、今度来ていただく時には「今日の教えを活かして、立派な桜を咲かせます」と、皆で約束しました。桜に興味のある方は、是非とも黒坂さんのお話を聞いてみてください。お薦めです。

by shouichiro_sato | 2006-10-17 22:21 | 地域活動 | Comments(0)