人気ブログランキング | 話題のタグを見る

高速道路

 昨日からきょうにかけて、県北部に行ってきました。いつものように日本海東北自動車道・本荘ICから琴丘森岳ICまで高速道路を利用し、三種町から能代市、北秋田市を経由して大館市へ。その後は鹿角市八幡平に訪問するお宅があったため、東北自動車道・十和田ICから鹿角八幡平ICまで、再び高速道路を利用しました。

 県内の高速道路は一部に無料区間があるものの、今回利用した区間では岩城IC以北は有料で、東北道も有料です。便利になったことは嬉しいのですが、岩城IC~琴丘森岳IC間は約66km、時間にして約45分で1950円。十和田IC~鹿角八幡平IC間は約12km、10分ほどなのに450円で、「ヤッパリ高速料金は高いね」などと話しながら、料金所を出ました。

 ところで、無駄な公共事業や道路特定財源をめぐる議論がきっかけとなり、道路整備事業は抑制されてきました。特に県内での高速道路工事は頓挫している感じです。しかしながら、地方にとって基幹となる高速道路のネットワークは、絶対に必要です。日本海東北自動車道の未着工区間である「二ツ井~秋田北空港」間と、「象潟」以南。湯沢横手道路の「雄勝IC」以南を早期に完成させなければなりません。

 インフラ整備を着実に実施していくためには、常に必要性を主張していくことが重要です。これからは新年度予算編成の時期になりますから、地方の声が小さくならないように頑張りましょう。形式的な要望活動だけでは、秋田の再生はできませんよ。

by shouichiro_sato | 2008-11-18 23:29 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< 初雪が大雪 どうしたの?、麻生さん >>