人気ブログランキング |

決意

 一昨日(19日)、私の政治活動を支援してくれている「秋田、これでいい会?」(会長・山村巌さん)と佐藤正一郎後援会(会長・佐藤正夫さん)、それに支持者の有志による合同会議を開催し、来春の秋田県知事選挙に再び出馬することを確認し、了承していただきました。

 その決定を受け、きょうから今月末に予定している「知事選出馬表明」の記者会見にむけて、準備を始めました。3年前には寺田知事の3選が確実視されている中で、県民には不平不満が鬱積していながら、その受け皿になって具体的に行動する人がいなかったため、自らの浅学非才を顧みず、「閉塞感漂う秋田県の現状を変えたい、代えたい」という一念で決断し、選挙に立候補した私でしたが、それから3年以上が経過した今でも思いは変わらず、再び荒海に乗り出します。

 次回の知事選は現職が勇退し(中には、「もう一度あるのでは?」という声もありますが・・)、新人の選挙戦が予想されることから、私の政治信条である「一党一派」に偏ることなく、県民党の立場で臨みたいと考えております。ただし、各政党や政治団体もそれぞれの思想信条に基づいて、「県民の暮らしを豊かにしたい」という目標で政治活動をしているのですから、同じ目標に向かって一緒に行動できるのであれば、連携して頑張りたいと思います。いずれにしろ、これから各政党や政治団体が判断することですから、「秋田県の将来をどう描いていくのか」について、大いに議論をしていきたいと思います。

 そうした決意を固めた時に、ニュースを聞いたという秋田市の男性から電話をいただきました。「佐藤さんは前回の知事選で敗れてから、どこかの政党から日頃の生活資金など、援助を得てきたのか?」というのです。私は即座に「全くありません。政治活動は支援してくれる皆さんの会費でやってきました。自分のことは出稼ぎをするなどして、何とか頑張っています」と答えたところ、「わかった。そういう県民の目線で頑張るなら、是非とも応援したい」との声。私は政治家の二世でもなければ、実業家や資産家でもありませんが、一つの役割を担うために行動しているのだと説明し、この姿勢を忘れずに頑張っていこうと誓いました。

 今一度、初心に帰って一生懸命に頑張っていきます。皆さんも「秋田で暮らす幸せ」を実現する運動に、是非とも参加してください。


 《 おめでとう! ソフトボール 》

f0081443_055016.jpg

 「三度目の正直」になりました。再三のピンチをしのぎ、ソフトボールの日本チームはアメリカに「3-1」で勝利。悲願の金メダル獲得です。夜の訪問先でテレビ観戦し、おもわず「ガッツポーズ」と万歳三唱。ホテルに帰ってインターネットでその瞬間を確認し、喜んでおります。何事も「諦めてはいけません」。目標を叶えるには、(口で十回となえるように)前に向かう姿勢が重要ですね。 (写真・讀賣新聞社のインターネット版、YOMIURI ONLINEから)

by shouichiro_sato | 2008-08-21 23:49 | 政治活動 | Comments(0)  

<< マスコミ 熱闘・ソフトボール >>