人気ブログランキング |

農家レストラン「ゆう菜家」

 県内を走っていると、あちらこちらで「農家レストラン」や「手打ち蕎麦処」等、既存の食堂とは違う看板に出会うようになりました。日曜や祝日には店頭に並んで入店を待っているお客さんを見ることもあります。そうした人気店の一つが、秋田市雄和向野にある農家レストラン「ゆう菜家」(ゆうなや・店主は浅野育子さん)。8年前に県内第一号の農家レストランとしてオープン以来、マスコミにも度々紹介されており、一度は寄ってみたいと思っていました。

f0081443_2130422.jpg ゆう菜家は雄物川に近い純農村地域にあり、前の道路も交通量が多い幹線ではありません。外観は普通の農作業小屋?。一階が無農薬で自家栽培しているモロヘイヤを使って、昔ながらの手延べ製法で「モロヘイヤめん」などを作っている工房で、2階がレストランです。(写真・気をつけて見ないと、何処がレストランの入り口かわかりません)

 ところが階段をあがって靴を脱ぎ、室内に入るとビックリ仰天。農家レストランといえば古い民家を想像していましたが、室内装飾は素晴らしく、洗面所や調度品もきれいで雰囲気は最高でした。正午前でしたが先客に若いカップルが3組もいて、「この雰囲気なら・・・」と納得?した次第です。

f0081443_21483092.jpg ゆう菜家のおすすめセットは、モロヘイヤめん(又はしいたけめん、古代紫米めん、こだわりうどん)と旬の食材を使った季節料理、デザートなど8品で、一人前1,050円。私はカップルの皆さんが食べているおすすめセットのボリュームにチョッと気後れし、モロヘイヤめんの単品を注文しました。(写真・単品でもタケノコ、しいたけ、アスパラ、モロヘイヤの天ぷら盛り合わせに、長ナスの麹漬けが添えられて、一人前840円)

 帰りにいただいたパンフレットには、「自分の手で作ったものを、自分のできる範囲で提供することでいろんな人と触れ合いたい、そんな思いから始めたのが農家レストランゆう菜家です。とれたての旬の食材にこだわり、季節ごとに違うメニューをご用意しております」とありました。全くその通りの素晴らしい食事と雰囲気に、感動しました。

 豊かな自然環境と食材は、秋田県内に豊富です。さらに温かいもてなしの心があれば、遠くからでもお客さんがやってくる時代です。何かと食文化に対する偽装が蔓延している中で、「本物の美味しさ」を提供できる農家レストラン。県内では農家民宿を含めると、35ヶ所(昨年実績)で実践されており、私も随時、情報を発信し、応援していきたいと思います。

 ゆう菜家の営業時間は、午前11時~午後3時(オーダーストップ2時30分)。定休日は木曜日ですが、農繁期と冬季には休業あり。皆さんもぜひ一度、お立ち寄りください。

by shouichiro_sato | 2008-07-08 22:24 | 産業振興 | Comments(0)  

<< 教育汚職 県美術展覧会(県展) >>