人気ブログランキング |

日本ホッケー協会

 ただ今の時間は午前5時前。きょうは日本ホッケー協会の「平成20年度第1回通常総会」が東京で開催されるために、新庄発・7時16分の山形新幹線つばさ106号で上京。これから出発です。

 (今回はパソコンを持参しないため、日記の続きはあす6月1日、帰秋後に書き込みます。ご了承ください)

 
 今年の日本ホッケー協会通常総会では、4月に岐阜県で開催された「北京オリンピック男子ホッケー最終予選」で、世界ランキング1位のドイツに破れて(女子と)アベック出場がならなかったものの、世界トップレベルの素晴らしいゲームがNHK・BSでテレビ中継されるなど、ホッケー競技への関心が高まったことが報告されました。

 そうした状況を受け、吉田大士・日本ホッケー協会会長は挨拶で「日本におけるホッケー競技の知名度は向上しつつある。これに伴い日本ホッケー協会及び会員はそれに合わせて自己の意識の向上、改革を行う必要がある。具体的には、①組織体としての必要情報の共有化の徹底 ②自己の行動についての組織の一員としての責任意識の保持 ③組織体の一員として法律・規則の遵守 ④事務処理等について迅速化、適正化の努力。 ホッケーのメジャースポーツ化に向かって(これらの)諸点を意識しつつ、組織運営の原点を強化する努力が大きなテーマとなると思われる」と、意識改革を訴えました。

 特別顧問の高橋崇雄弁護士も、「女子のオリンピック連続出場や男子の活躍などでホッケーが注目されてくると、次には(選手や組織の)品格が求められる。品格とは内外から信頼されること」と、所見を述べています。日本に伝えられて101年目になり、「関係者全てのパワーと情熱とロマンと、より高い資質、意識改革によってメジャーホッケーへの道が開かれる」という吉田会長の言葉に、新しい時代の幕開けを感じてきました。(以上、1日に書き込みました)

by shouichiro_sato | 2008-05-31 04:59 | スポーツ | Comments(0)  

<< 減反政策 「梅若会」羽後町後援会 >>