人気ブログランキング |

秋田の食材

 東北自動車道・紫波サービスエリアのレストランに、「稲庭うどん」のメニューがあったことを秋田市の同業者に話したら、「いろいろな食べ方がありますよ」とのこと。早速、紹介してくれました。

 まずは一般的な食べ方。「温かいうどん」と「冷たいうどん」に区別して、さらにダシは醤油ベースに塩ベース。関西など西日本のお客さんには「比内地鶏の塩スープ」が好評とは知りませんでした。冷たいうどんにシソの葉と梅肉をのせて食べるのも逸品です。

 さらに、パスタ風に汁を使わない食べ方もありましたが、圧巻は熱い石の器で具と一緒に混ぜ合わせて食べる韓国風。とても稲庭うどんが材料として使われているとは、説明されなければわかりません。並べられた料理を見て、「これは、讃岐うどんではできないものだ」と思いました。稲庭うどん(乾麺)は素晴らしい食材ですね。

 「きょうのお薦めはなんですか?」と料理長(好青年です)に聞くと、「秋田で獲れたカワハギのお刺身(貴重な肝も付いてます)と、山菜の和え物、紫アスパラ、焼きタケノコの盛り合わせです」とのこと。季節感たっぷりの秋田の食材が使われていました。

 秋田駅前にあるこのお店は「秋田の顔」でもあり、県外のお客さんも多いとか。元気ハツラツな店員の応対も良く、すっかりファンになってしまいました。 

by shouichiro_sato | 2008-05-26 23:52 | 産業振興 | Comments(0)  

<< 「値上げ」が続く ヒューマンクラブ >>