人気ブログランキング |

高瀬中、御野場(秋田市)相手に大健闘

 第73回全県少年野球大会がきょうから始まり、湯沢雄勝2区代表の羽後町立高瀬中は秋田市営八橋球場で行なわれた1回戦第3試合で、秋田2区代表の秋田市立御野場中と対戦し、延長8回、3-2でサヨナラ負け。初戦突破はなりませんでしたが、大健闘のゲームでした。

 高瀬中は羽後町の田代・軽井沢・仙道の3中学校が統合して誕生した中学校で、創立15年目にして全県大会は初出場。全校生徒はもちろん、野球部親の会や保護者など大勢の応援団が一塁側のスタンドを埋め、選手と一体となって盛り上げました。

 試合は高瀬中の先攻で始まり、初回に1番の主将・阿部竜巳選手がいきなりヒットで出塁するも、後が続かず残塁。後攻の御野場中は1回と2回、ノーヒットながらも足を使った攻めで高瀬守備陣の失策を誘い2点を先制。しかしその後は高瀬の2年生左腕・武田智樹選手が要所を締めて得点を与えません。ヒット数では御野場を上回っていた高瀬でしたが、タイムリーが出ず試合は終盤へ。

 6回表、先頭打者の藤原洋選手がレフト前にクリーンヒット。盗塁の後、相手投手のワイルドピッチで待望の1点が入ります。そして最終回、7回表。簡単に2アウトを取られて応援団も元気を失いかけたところで代打に起用された武田航選手は、見事に右中間へ3塁打。続く柴田卓洋選手にも2塁打が出て、ついに同点。土壇場で追いついた高瀬ナインの健闘に、球場は大声援に包まれ、興奮のるつぼとなりました・・・・。
f0081443_22152334.jpg
 (7回表、2アウトからヒットが続いて同点になった瞬間はスタンドも総立ち。涙ぐむ保護者も見られます。八橋球場で、午後5時40分頃)

 しかしながら延長8回裏。御野場は1アウト3塁で、打者の当たりは幸運な一塁前への高いバウンド。その間に3塁走者がホームを踏んでゲームセット。高瀬にとっては7回の勝ち越しのチャンスに、菅野雄大選手の痛烈なライナーが中堅手に好捕される場面があっただけに、惜しまれる試合になってしまいました。それにしても平成15年の優勝校で、80人も野球部員がいるほど選手層の厚い御野場を相手に、堂々と戦った高瀬の選手は見事でした。まさに互角の戦いといえるでしょう。

 私も高瀬中生や保護者の皆さんには「元気なエネルギー」をもらいました。資金のカンパ活動や応援団編成、グランドと一体となった迫力ある応援の演出に感動の連続です。スタンドには今春に定年退職した(高瀬中前にある)湯沢警察署高瀬駐在所の渡部さんご夫妻(秋田市)、前校長の後藤先生、佐藤安治・町議会議長、加藤忠紀・町教育長の姿もあり、地域の皆さんも大勢が応援に駆けつけていました。惜敗は悔しいけれど、「八橋球場に来れて良かった」と思います。高瀬中の皆さん本当にありがとうございました。

 高瀬中生にはこの体験をステップにして、さらに上位を目指してもらいたいと思います。今週末にはホッケーの東北大会と吹奏楽の全県大会もあり、当分の間は彼らの活躍から目が離せません。

by shouichiro_sato | 2007-07-25 23:06 | 地域活動 | Comments(0)  

<< 長寿の国、日本 「核のごみ」最終処分場誘致を検討 >>