人気ブログランキング |

おみくじ

 正月2日は、横手市にある妻の実家に新年の挨拶に行っています。結婚してからというもの欠かしてはいけない婿の務め(?)と思っていますが、元気なご両親に接することで安心する年の初めです。私たち夫婦も50代。それぞれの親も80歳前後ですから、何とか元気に過ごしてもらいたいと願うばかりです。

 平城の実家から帰る途中に、市内にある息子のアルバイト先(焼肉店)を通ったら、目前に「横手神明社」がありました。「そうだ。今年の初詣はここにしよう。」と車を止め、早速、お参り。今年一年の無事と繁栄を祈りました。お札所には多数のお守りやお札、おみくじ等が並んでいましたが、事務所の神棚に供える「天照皇大神宮」のお札を買って、神社を後に。

 国道107号線沿いにあるJAのガソリンスタンド(旧雄物川町)で給油をしたら、いつもはセルフサービスなのに職員が出てきて「記念品」のプレゼント。「テッシュ」と「招福・梅茶」です。梅茶には「あなたの元に福が訪れますように・・・」との言葉が添えられ、「開運おみくじ」がついていました。

 家に帰って、不安な気持ちで開いてみると、何と「大吉」ではありませんか。「雪中の花、春を告げる」とありました。「自分のリズムで確実に結果を出せるでしょう。他人の評価を気にすることなく今は焦らずに、地道な努力を持続していきましょう。そうすれば、やがて多くの人から認められるようになるでしょう。」という、有難い言葉が書かれています。

 占いやおみくじに頼ったりすることはありませんが、「吉」であれ「凶」であれ、そこにある言葉を自分に言い聞かせることで、気をつけたり励みにしたりしますから、おかしなものです。正月早々に、お宝にめぐり合えたようで嬉しくなりました。(もっとも傍にいる家族いわく、「スタンドのおみくじだったら全部が大吉じゃないの」と笑っていましたが、それはそれでいいじゃないですか。)

 今年は皆さんにも、この幸運をお分けします。

by shouichiro_sato | 2007-01-02 21:10 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< 今年は「選挙の年」です 元日の朝 >>