人気ブログランキング |

雪が残る工事現場です

 お世話になっている会社が岐阜県下一円で仕事をしていることは以前に紹介しました。その一例に今日から遭遇しています。

 朝、6時に宿舎を出発。長良川沿いの堤防を走り、美濃市まで約50分。美濃インターから東海北陸自動車道に入り、白鳥インターへ。それから県道を走ってたどり着いたのは郡上市高鷲町の山の中。到着は7時40分でした。

 高速道路も登りばかりで、県道も八幡平アスピーテラインのような登り坂。途中、道路の端に除雪した雪があったと思ったら、やがでアイスバーンのような雪道に。かなりの標高なのでしょう。数日前に降ったという雪が残っておりました。これでは秋田の我が家と変わりありません。

 ところが周囲に目をやると、冬季国体のスキー競技会場としても有名な「ひるがの高原」がすぐそばに。雑木林の中には国産の杉材を利用した角形状の「頑丈杉ログ」を始め、カナダやロシア、フィンランドなどから輸入した様々なログハウスが建設されている別荘地帯がありました。ログハウスの建築専門業者の事務所もあり、専門誌で紹介されているような素晴らしい建物ばかりで、秋田県内では見たことがない光景でした。

 仕事は「災害復旧工事」。いわゆる凍上災害(低温や雪で道路が傷んでくる災害)です。雪が降り出してから災害復旧ではないと思いますが、「役所の仕事はこういうもんだ」という声も聞こえてきました。つい私も、「夏に査定を受けて認められても、結局、工事の発注は秋以降になってしまう」などと、分かっているようなことを話してしまいましたが、雪の季節になれば仕事の効率も悪く、次年度へ繰り越して執行できるような工夫ができないものかと思ってしまいます。

 午後5時に終わって、同じルートで岐阜の宿舎へ向かい、帰館は6時50分。雪の中にいたせいか、夕食前の焼酎(リーダーの差し入れ、『そふと新光』です)のお湯割に、ホッとため息をついた次第です。

by shouichiro_sato | 2006-12-19 21:03 | 出稼ぎ | Comments(0)  

<< 「ノロウイルス」に注意 仙北市で14kgの「覚醒剤」を押収 >>