人気ブログランキング | 話題のタグを見る

思いがけない日曜出勤

 今朝の岐阜地方は冷え込みました。日曜日は宿舎の食事も休みですから、いつも通り午前6時30分過ぎに「吉野家」に出かけようとしたら、車のフロントガラスが凍っていました。ふと周囲を見渡すと、岐阜県と滋賀県の境にある伊吹山や揖斐の山並みも中腹から上は白くなっていましたから、たぶん北日本、秋田県も雪が積もったことでしょう。

 ところで今日は、日曜だというのに仕事が入り、我が秋田班は朝から忙しい一日でした。今日の天気予報は良くなかったので、「外出も出来ないなあ」などと昨夜は話をしていたのですが、寒くても天気は持ち直して曇り空。思いがけない仕事に満足し、夜は宿舎で(自前の)焼肉パーテーを楽しみました。

 思いがけない仕事とは、廃止になった「名古屋鉄道(通称・名鉄)」の枕木の整理整頓です。今から10年以上前に私が来た頃は、岐阜市内には岐阜駅前から忠節駅、さらに黒野方面まで市内電車が走っておりました。それが3年前に廃止になり、線路を撤去して道路を修復する工事が盛んに行われています。その枕木は想像を絶する本数。鉄製の太い楔を抜いて、再利用できる枕木を選別する仕事です。

 もちろん、今日が初日。これから来年春まで時間を見つけては作業することになるでしょうが、なかなか力のいる仕事でした。一本の枕木といえども、侮れません。何と重さは100kg前後あるのです。いま思うと、よくぞ昔の人はこうした枕木を敷設したと感心してしまいます。よほど力持ちが多かったのでしょう(それは違います。今の人がひ弱だとの声がありました)。

 そんなこんなで、寒い中でも汗を流し、美味しいビールと熱燗を楽しんだ夜でした。

by shouichiro_sato | 2006-12-03 22:33 | 出稼ぎ | Comments(0)  

<< 本格的な冬が来た 「大吊橋」に行ってみたい >>