人気ブログランキング |

「地方自治」の信頼を回復せよ!

 福島県・佐藤栄佐久前知事の辞職に伴う出直し知事選挙が、26日告示されました。任期途中で実弟が逮捕された道義的責任をとったものの、その後の東京地検特捜部の調べで、県発注のダム工事をめぐる収賄容疑も浮上し、前知事自身も逮捕されるという「汚職事件」に発展しています。知事と業者との癒着構造は、平成5年のゼネコン汚職で茨城、宮城両県の知事が収賄容疑で逮捕されたのを機会に、根絶されたと思っていましたが、巧妙な手口で繰り返されていました。住民の知事や自治体に対する信頼感を大きく損ねるもので、誠に残念です。

 今年の夏には、岐阜県庁で17億円近い裏金問題が明らかになり、全庁の6割もの職員(4,421人)が処分されました。当時の梶原拓前知事も謝罪会見を行い、返還に応じることになっています。梶原氏は全国知事会会長として、地方分権確立の先頭にたって闘う知事の象徴であっただけに、県民や国民の期待を裏切る事態となってしまいました。これも残念な話です。

 佐藤氏も国に対してはっきりと地方の主張をする知事として有名で、東京一極集中に異論を唱え、「市町村合併は強制しない」方針を打ち出すなど地方主権論者でしたから、私には頼もしい存在に見えました。しかしながら、食糧費問題で佐々木知事が辞任した秋田県もそうでしたが、こうした問題で地方のリーダーが失脚?すること自体、自分たちの足元で地方自治への信頼を崩壊させているのですから、責任は重大。権力者も長くなると、「裸の王様」になりがち。自己主張が強くなり、他人の意見に耳を貸さなくなると危険です。

 ところで福島県知事選挙初日、街頭での第一声でチョッと気になる言葉がありました。自民党・公明党の推薦を受けた候補者に対して、民主党・社民党の推薦を受けた候補者いわく、「私は一党一派に属さない、県民党です」と。二人とも無所属ですが政党の推薦を受けていますから、堂々と推薦した政党を紹介して自分の立場を明快にすればいいのに、県民をカモフラージュする作戦です。そういえば、秋田県知事選挙でも同じような攻撃がありましたネ。

by shouichiro_sato | 2006-10-26 21:51 | 国政・時事 | Comments(0)  

<< 「相田みつを」展を開催中 「終わり良ければ、すべて良し」 >>