人気ブログランキング |

ドーピング検査が実施されました

 21日から行われている「全日本社会人ホッケー選手権大会」では、初日と昨日の2日間、羽後町会場でドーピング検査が実施されました。東京から派遣された専門の検査官が、試合毎に競技を終えた選手を1チームから抽選で3名指名し、決められた手続きにより採尿しました。羽後町の競技実施本部では、検査官の指示に従い補助員を務めましたが、町内では初めてのことであり担当者も緊張したといいます。

 (財)日本体育協会ではアンチ・ドーピング活動に賛同して積極的にこの活動を行っており、平成15年の静岡国体から、国体でもドーピング検査を実施しています。特に来年の秋田わか杉国体では、全ての競技でドーピング検査が行われるようです。国体を国内最高の質の高い競技大会として開催するために、世界規定に基づいた検査であり、その意味でも貴重な初体験になりました。

 検査対象になった選手は通告をされると同性の係員の監視下におかれ、立ち会いのもとで採尿するそうですから大変です。国際大会などで活躍している全日本のメンバーならともかく、初めて検査を受けることになった選手にはチョット気の毒な感じもしますが、公正な競技を行うにはやむを得ないことでしょう。「さすがに権威のある全国大会は違う」と、勝利に酔う暇もないままに、皆さんが協力しておりました。

 男子の初戦を突破した「秋田クラブ」でしたが、今日の2回戦では「名古屋ブラックラビッツ」(愛知県)と対戦し、7―0で完敗。自分たちのホッケーをさせてもらえませんでした。しかし、相手は元全日本のメンバーが主流のチームだけに、横綱の胸を借りたぶつかり稽古のようで、納得です。この悔しさを来年まで忘れず、さらに技術力を高めるしかありません。

 朝から小雨模様で、日中の最高気温も15度程度。本部席などには石油ストーブを用意した3日目でした。明日の天気はさらに悪くなるようで心配です。選手はもとより、競技運営に関わる多くの皆さんも防寒対策を万全にして頑張りましょう。私も一日中、長袖の下着に「ホカロン」を貼り付けておりましたが、明日はもう一工夫しなければなりません。 

by shouichiro_sato | 2006-10-23 18:16 | 秋田わか杉国体 | Comments(0)  

<< 寒い一日でしたが・・・ ホッケー男子、「秋田クラブ」が... >>