人気ブログランキング | 話題のタグを見る

どうなるスタジアム

 県議会は2日と3日、予算特別委員会の総括審査が行われます。各日8人づつ、16人が質問に立ちますが、2日は秋田市に整備する新スタジアムの問題が焦点になりそうです。

 サッカー・Jリーグに所属しているブラウブリッツ秋田の本拠地となるサッカースタジアムについては、建設場所を巡って二転三転。チームがライセンスを取得するにはJリーグの基準を満たすスタジアムの整備が条件で、県や秋田市は外旭川地区に建設する方向で準備を進めてきました。しかし、事業の進め方で両者の考えが一致せず、今春以降は膠着状態が続いています。

 そんな中、秋田市の穂積市長は先月初め、早期の完成を目指すとなれば「八橋も選択肢としたい」と発言。市議会で議論が展開され、閉会後のきょう夕方には報道陣の取材に「八橋が一番有力」と述べるなど、新たな動きがでてきました。

 外旭川地区のまちづくり計画の方向や、以前は八橋運動公園内にある他の施設との関係で「八橋は無理」としていたこと。新県立体育館の整備と合わせて、健康広場などの代替施設の整備、駐車場などを含めた総合的な再検討が必要になってきます。

 新スタジアムの問題については自民党の瓜生、武内両議員、次の世代につなぐ会の沼谷議員などとともに、私も質疑を行う予定です。

by shouichiro_sato | 2024-07-01 21:09 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 八橋に理解 役員懇談会 >>