人気ブログランキング | 話題のタグを見る

岸田総理の言葉

 読売新聞の報道によると、岸田総理は先の衆院補欠選挙で不戦敗を含め全敗したことについて、記者団に「真摯に重く受け止めている」と模範的?な答弁。与野党直接対決で敗れた島根1区には「自民の政治資金の問題が大きく足を引っ張った。候補者や応援して下さった方々に申し訳なく思っている」と陳謝しています。

 また、総理自身や党執行部の責任については、「党改革、政治改革、賃金や物価高対策などの課題に一つ一つ答を出し、国民の信頼に応えていきたい」と、これまた他人事?のような答弁。さらに衆議院の解散・総選挙には「課題に取組み、結果を出すことに専念しなければならない。全く考えていない」と述べ、無関心?のような受け答えでした。

 どうも最近の岸田首相の言葉は、聴いている人に響きませんネ。教科書通りの、答弁集の例文?を羅列するような発言ばかりで、白々しい限りです。「国民の声を聞く」のが得意?のようですが、聴いたことが反映されない、「決断と実行」のキャッチフレーズが空しく感じる最近の状況です。

by shouichiro_sato | 2024-04-30 23:14 | 国政・時事 | Comments(0)  

<< 空き家が過去最高 ストーブ撤去 >>