人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「SLIM」

 先月、日本で初めて月面着陸に成功した無人探査機「SLIM(スリム)」が、月の夜の低温を乗り越え、再び通信を確立したとJAXA(宇宙航空研究開発機構)が発表しました。

 月は約2週間ごとに昼と夜が入れ替わり、1月末に着陸地点が夜を迎え、太陽電池は休眠状態になっていました。大気がほとんど存在しないため日中は110℃、夜間は氷点下170℃にもなるとか。2週間も氷点下170℃となる過酷な環境で復旧するのは困難とみられていたようですが、通信再開に成功して新たな月面の写真も送られてきています。

 ただ、一部の機器は太陽光が当たって100℃を超える高温状態になっており、地球との通信は短時間で終えています。半導体などの電子機器は高温で機能を失う恐れがあり、低温に耐える設計でもないとのことで、今後はどうなるのか心配です。

 SLIMは1月20日、旧ソ連、アメリカ、中国、インドに次いで、世界5カ国目となる月面着陸に成功。特にピンポイント着陸は世界初の快挙となりました。高さ2.4m、重さは燃料を除いて約200kgです。

by shouichiro_sato | 2024-02-26 23:55 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< 市長は困惑 サケ・ハタハタ不漁 >>