人気ブログランキング | 話題のタグを見る

石垣長右衛門さん

 令和3年の羽後町文化功労者に、教育の振興と社会福祉の向上に多大の功績がある石垣長右衛門さん(西馬音内堀回・75歳)が選ばれ、きょう表彰式が行われました。

石垣長右衛門さん_f0081443_20093108.jpg
 (写真・「農業一筋に生きてきた」」と挨拶する石垣さん。町活性化センターで)

 石垣さんは平成18年、羽後町教育委員会委員に任命されてから連続3期12年にわたり在職し、同21年から教育委員長、同28年からは教育長職務代理。少子化が顕著になり町内の小中学校の統合が進む中で、児童生徒の学力向上と教育環境の整備に尽力されました。また、昭和58年から現在も民生委員・児童委員として活動しており、今春までは町社会福祉協議会副会長も務めています。

 受賞のご挨拶では「地域で農業一筋に生きてきた。これからも頑張っていきたい」と述べていましたが、何事にも飾ることなく、誠実で実直な人柄があふれるお話に引き込まれました。

 私も思い出として、羽後町五輪坂に温泉施設が完成した時に公募した名称に、「としとらんど」と提案してくれたのが石垣さんだっこと。羽後町の「道の駅・端縫いの郷」の直売所には毎日、石垣さんが多品目の農産物を提供されていることを紹介しました。これからも一層のご活躍を期待しております。誠におめでとうございます。

by shouichiro_sato | 2021-11-02 20:10 | 羽後町 | Comments(0)  

<< 自然公園 野党共闘 >>