人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふきのとう県民運動大会

 自殺予防に関わる民間団体や医療・福祉・教育・行政等の関係者が一同に会し、ゆとりと優しさのある秋田を目指す「第11回秋田ふきのとう県民運動大会2020」(実行委員会会長・佐藤久男NPO法人蜘蛛の糸理事長)がきょう、秋田市文化会館で開かれました。

 特に今年は新型コロナウイルス禍で全国的に自殺する人が増えており、基調講演は厚生労働大臣指定(調査研究等)法人いのち支える自殺対策推進センター・本橋豊センター長の「新型コロナ感染症流行下の自殺対策」。さらに、「コロナ禍と向き合う秋田モデルのこれから」のテーマで、県健康福祉部・須田広悦社会福祉監、秋田大学大学院医学研究科・野村恭子教授、メンタルクリニック秋田駅前・稲村茂院長の3人が対談し、本橋氏がアドバイザーとして助言しています。

ふきのとう県民運動大会_f0081443_20315739.jpg
 (写真・秋田ふきのとう県民運動を牽引し、久々に秋田で講演する本橋豊氏)

by shouichiro_sato | 2020-11-21 20:39 | 秋田県 | Comments(0)  

<< 須川小閉校式 地域に応じて >>