人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ドクターヘリ

 午前11時前、集落に救急車のサイレンが響いてきて、自宅のすぐそばで停車。当地にも救急車は時々やってきますから、たぶん、近くに住む高齢の方が具合でも悪くなったのだろうと思っていました。救急隊員が応急措置をしている間に、今度はバタバタとヘリコプターの音が聞こえてきました。

 救急車が到着してから30分程度、田代公民館上到米分館(旧上到米小学校)グランドにドクターヘリが着陸しました。119番通報を受けた消防本部の指令室が家人から患者の症状を聞き、最初に駆け付けた救急隊員が状況を報告して、ドクターヘリの出動を要請したのでしょう。

 60代の男性が何らかの症状で、階段からコンクリートの土間に転落し、頭部や身体を打ち、意識が無くなっていたとのことですが、今日は土曜日で救急を受け入れる病院の態勢も限られることから、医師が同乗しているドクターヘリに依頼して適切な処置を求めた判断。当地のように出羽丘陵の山間部にあり、医療機関からも遠い所(湯沢市の雄勝中央病院まで22km)にとっては、心強いことでした。幸い、男性の意識は回復し、最後は横手市の病院に入院することができました。

 《追記》 きょうの救急車には「皆瀬分署」の表示がありました。湯沢雄勝広域消防本部には本部(湯沢市)のほかに羽後町や旧雄勝町、旧稲川町などに5つの分署があり、それぞれに救急車が配置されています。たぶん、当地に近い羽後分署や本部の救急車は稼働中だったのでしょう。最も離れている皆瀬分署からの出動で対応していただきました。こうした連携にも集まった住民は感謝しています。ドクターヘリが当地のグランドに着陸したのは、今年(春に田代地区であった交通事故と)2回目です。

by shouichiro_sato | 2020-10-03 20:31 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< ストーブ設置 3.11伝承ロード(2) >>