人気ブログランキング | 話題のタグを見る

県内調査

 県議会建設委員会(今川雄策委員長)が平鹿・雄勝両振興局管内の事業状況を調査していることから、きょうは横手市大沢(旧雄物川町)にある国道107号大沢バイパス(約1700m)の工事現場に同行しました。

 同区間は住宅が両側に密集しており、107号線の中で最も狭隘な場所。そのうえ通行車両の4分の1が大型車であり、早くから改良が要望されていました。県は平成21年に事業着手したものの、用地取得が難航し、具体的な工事が動き出したのは同29年。橋などの構造物がようやく完了し、今は土盛りなどの工事の真最中。平成4年度中の完成を目指しています。

県内調査_f0081443_21105173.jpg
 (写真・建設委員に地元の議員も加わり説明を受けました。バイパスの工事現場)

 明日は雄勝地域振興局で管内の状況の説明を受け、雄勝建設業協会の女性部会「はなこまち」の皆さんと建設産業における女性の活躍推進と働きやすい職場環境について意見交換。午後には国道398号稲庭バイパス(湯沢市皆瀬)と成瀬ダム(東成瀬村)を調査することになっており、地元議員として全日程に同行する予定です。

by shouichiro_sato | 2020-09-01 21:18 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 菅氏が立候補 支持率急増 >>