人気ブログランキング | 話題のタグを見る

酷暑続く

 東日本や西日本は広く高気圧に覆われ、17日には静岡県浜松市で国内史上最高気温と並ぶ41.1度を観測したほか、全国で最高気温を更新しています。厳しい暑さはきょうも続いています。

 41.1度の最高気温は、2018年7月23日に埼玉県熊谷市で記録。同年8月6日は岐阜県下呂市金山、8日には同県美濃市で41.0度となるなど記録的な年でしたが、今年の夏はそれに匹敵する状況になりつつあります。

 子どもの頃に習った日本の最高気温は、山形市で観測した40.8度(1933年)。その記録は観測史上8位となっており、上位の7地点中6位までは2013年以降に記録されています。特にここ3年ほどは気温の高い日が多くあります。

 もっとも世界では、1913年にアメリカデスバレーで記録した56.7度が最高気温。同所では16日、54.4度を観測したと報じられましたから、想像がつきません。

 全国の天気情報を見ると、ここ数日の秋田県は30度前後となっており、チョッと安心しました。

by shouichiro_sato | 2020-08-18 22:33 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< 狩猟技術訓練 願いを込めて・・・・ >>