人気ブログランキング |

仙道地区振興会

 羽後町仙道地区の皆さんが組織する仙道地区振興会(会長・土田房美さん)はきょう、県道十文字羽後鳥海線の真坂峠にある道路照明灯の存続について、管轄する雄勝地域振興局に要望活動を行いました。

 真坂峠は羽後町の西部、中山間部にある仙道・田代地区と町の中心部である西馬音内を結ぶ主要道路で、傾斜もゆるいことから高校生などが自転車通学に利用しています。そうした事情から30年以上前に町が県に照明灯の設置を依頼し、町が電気料を支払って維持してきました。しかし今回、県は年次計画で県内の照明灯をLED照明に切替えることにしており、峠にある9ヵ所の照明灯を半分以下に削減する計画でした。

 振興会では照明灯が少なくなれば交通安全に支障が出るとして同振興局建設部に要望したもので、協議の結果、県は4ヵ所をLEDに交換して維持管理し、残りの5ヶ所はそのまま存続。LEDに交換後の峠道の状況を確認してから、次の対応を検討することになり、安心しました。

仙道地区振興会_f0081443_20391526.jpg
 (写真・高橋建設部長と協議する仙道地区振興会の役員。雄勝地域振興局で) 

by shouichiro_sato | 2020-07-08 20:41 | 地域活動 | Comments(0)  

<< 最多の224人 くえもんのママさん >>