人気ブログランキング |

平幕二人

 大相撲初場所は12日目、西前頭4枚目の正代(28歳・時津風部屋)と同17枚目の徳勝龍(33歳・木瀬部屋)がともに勝って1敗をキープ。平幕の二人がトップに並ぶのは、1場所15日制が定着した1949年(昭和24年)以降初めてです。

 横綱白鵬と鶴竜が序盤で早々と休場し、大関豪栄道もきょう負け越しが決まるなど、上位陣が弱い今場所。期待の関脇朝乃山や小結阿炎、前頭筆頭の遠藤などが、中盤以降で取りこぼしが続く中、正代と徳勝龍はここにきて勝運?にも恵まれているような土俵際の逆転劇で、白星を積み上げてきました。

 さらに、西前頭5枚目の炎鵬(25歳・宮城野部屋)は幕内最小の小兵ながら、頭脳的?な相撲で大関・関脇との戦いを3勝1敗。きょうは関脇高安を下手投げで破って7勝目をあげ勝ち越しに大手。連日、その日一番の大歓声を浴びています。

 初場所は残り3日。平幕の二人がこのまま勝ち続けるのか、ただ一人2敗で追う大関貴景勝(23歳・千賀浦部屋)は逆転優勝できるのか。そして炎鵬は自己最高位での勝ち越しなるか・・・・・・、目が離せなくなってきました。

by shouichiro_sato | 2020-01-23 22:55 | スポーツ | Comments(0)  

<< 代表質問 無断キャンセル >>