人気ブログランキング |

反対討論

 県議会はきょうが最終日。本会議では提案された議案への採決をおこない、人事案件や一般会計補正予算案、迷惑防止条例改正案など42件を可決、同意して閉会しました。

 ただ、県と秋田市が県民会館跡地に整備中の新しい文化施設の名称を「あきた芸術劇場」とする県民会館条例の改正案について、私が反対討論。「名称の決定過程が不明瞭で、コンベンションなどの幅広い機能を持つ総合的な施設としてはふさわしくない。指定管理の業務内容では秋田市の条例と整合性がない。使用料の表記も分かりずらく料金も高くなっている」と述べ、開館まではまだ時間があるので再検討を求めましたが、起立採決では原案を賛成多数で可決しています。

 当初予算案などで共産党議員が反対討論を行うことはよくありますが、条例案などの単行議案で討論があるのは稀なこと。委員会審議や総括審査の質疑から課題を把握し、今回は自分の率直な考えを表明させていただきました。

by shouichiro_sato | 2019-12-20 21:32 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 県警に過失 継続審査 >>