人気ブログランキング |

世界一

 野球の国際大会「第2回プレミアム12」の決勝戦が東京ドームで行われ、日本は連覇を狙っていた韓国を5-3で破り、初優勝に輝きました。同大会は野球の東京五輪予選を兼ねており、オリンピックで金メダルを目指す日本にとって、素晴らしい前哨戦となっています。

f0081443_22193188.jpg
 (写真・初優勝を果たし稲葉監督を胴上げする日本チーム。秋田朝日放送より)

 韓国は日本にとって宿敵で、国際大会では何度も苦杯をなめてきた相手。決勝戦では初回に3点を先制されながらも、山田哲人選手(ヤクルト)の3ランや鈴木選手(広島)のタイムリーなどで逆転。2回以降には6人の投手陣が継投して韓国を零封しました。日本の4番・鈴木選手は予選を含めた全8試合で安打を打ち、3本塁打13打点をマーク。最優秀選手に選ばれました。

 東京五輪の野球は6チームで争われますが、今大会までの結果で、イスラエル、日本、韓国、メキシコが決定。残る2チームは来年3月の米大陸予選と4月に台湾で行われる最終予選でそれぞれ決まることに。日本の活躍を期待しましょう。

by shouichiro_sato | 2019-11-17 22:21 | スポーツ | Comments(0)  

<< 安全安心 定員割れ >>