人気ブログランキング |

ナガマツ連覇

 バトミントン世界選手権(スイス・バーゼル)は25日、女子ダブルスで世界ランキング1位の北都銀行に所属する永原和可那(23歳)・松本麻佑(24歳)組が優勝し、日本勢初となる連覇を達成しました。

 女子ダブルスは世界ランキングのトップ3を日本が独占している中で、準決勝では北都銀行の先輩である米本・田中組に勝ち、決勝戦では福島由紀(26歳)・広田彩花(25歳)を2-1で破っています。第1ゲームは21-11で圧倒したものの、2ゲームは競り合いとなって20-22。最終ゲームは20-15とリードしてから、相手に連続6点を取られる展開。それでも冷静に3連続得点で逆転勝利。インターネット画面で推移を確認していましたが、ハラハラドキドキ。勝利の瞬間には「ヤッター」と大声を出してしまいました。
f0081443_09364724.jpg
f0081443_09371720.jpg
 (写真上・インターネット画面で女子ダブルス決勝戦をチェックしていました。25日の午後8時37分に撮影。下・26日の秋田魁新報はナガマツペアの快挙を1面トップで報じています。その左には自民党国会議員がイージスアショアの新屋配備は「もう無理」の記事が・・・。こちらも注目です)

by shouichiro_sato | 2019-08-26 21:46 | スポーツ | Comments(0)  

<< 稲刈り始まる 住民運動会 >>