人気ブログランキング |

過疎地域

 過疎という言葉は「ある地域の人口などが少なすぎること」を意味し、昭和40年代に一般的に使われるようになったとか。初めて聞いた時には、自分の住んでいる町や地域が過疎地やへき地と言われることに、嫌悪感をもったものでした。

 一方、過疎地の支援を定めた「過疎地域対策緊急措置法」が昭和45年(1970年)に時限立法で制定され、同55年に失効した後につくられたのは「過疎地域自立促進特別措置法」。行政に関わることになってからは、過疎地域の市町村に公示されることで、様々な優遇措置を受けることができましたから、指定されることを喜ぶ?首長もおりました。

 しかし、過疎法公布から50年余経っても、地方の人口減少は止まらず、過疎と過密の分布はさらに拡大しています。

 同法はその後も改正が繰り返され、現行法の失効期日は2021年3月31日。引き続き支援を継続する方向ですが、総務省の有識者懇談会は、「過疎」に代わる用語を検討する方針で一致。マイナスのイメージがある言葉は実態に合わないと判断したとのことです。例えばフランスでは「地域活性化区域」、韓国では「成長促進地域」などと呼ばれており、懇談会では「価値保全地域というような言葉が合っている」などの意見が出たと報じられています。

by shouichiro_sato | 2019-07-03 23:20 | 国政・時事 | Comments(0)  

<< 参院選公示 九州で豪雨 >>