人気ブログランキング |

誤食で死亡

 自宅の庭に生えていたイヌサフランをウルイと間違えて食べ、食中毒で入院していた鹿角市の女性(80代)が4日深夜に亡くなりました。女性は3日朝、イヌサフランを炒めて食べた後に嘔吐や腹痛を起こし、同市内の病院に入院。4日夕方までは会話もできたとのことですが、その後に容態が急変しました。

 県内で山菜等の誤食による死亡事故は、3年前に湯沢市で70代の男性がトリカブトをシドケと間違えて食べて以来のこと。しかし、今年は春から山野草を誤食する事例が度々発生しています。自信をもって確認できる山菜以外には、皆さんくれぐれもご注意ください。

 もっとも、山菜は無肥料・無農薬で、完全なる自然食品。独特の風味があり、健康にも最高です。当地では今、ワラビやタケノコ、ミズなどの最盛期を迎えています。

by shouichiro_sato | 2019-06-06 22:16 | 事件・事故 | Comments(0)  

<< 県立大20周年 イージス・アショア配置図 >>