人気ブログランキング |

栽培漁業

 男鹿市船川港台島字鵜ノ崎にある秋田県水産振興センター(写真)の「栽培漁業施設」が完成し、きょう竣工式が行われました。
f0081443_16362921.jpg
 同センターに昭和52年~54年に設置された栽培漁業施設が老朽化して機能が低下していることから、平成24年から新たな施設について検討を開始。同28年から3年かけて取水ろ過設備、機械棟、親魚棟(20㌧水槽×6槽、5㌧水槽×6槽、50㌧水槽×6槽)、生産棟(20㌧水槽×10槽、50㌧水槽×6槽)、育成棟(50㌧水槽×22槽)を整備。総事業費は24億5300万円。

 良質な種苗が生産可能な海水の閉鎖循環システム、メンテナンス性に優れたろ過システムを導入しており、すでに29年度からマダイやヒラメ、キジハタの親魚育成と採卵。30年度からはトラフグの種苗生産も実施。千葉俊成センター長は「稚魚の安定生産に力を入れ、資源拡大に効果的な放流方法やニーズの高い魚種の生産研究も進めていく」と話しています。

by shouichiro_sato | 2019-05-24 23:00 | 産業振興 | Comments(0)  

<< ホッケー競技 期成同盟会 >>