請願不採択

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場に配備が計画されている「イージス・アショア」について、秋田市議会総務委員会は配備計画撤回の決議などを求めた請願・陳情8件すべてを、「不採択」としました。一括した採決で賛否が4対4の同数となり、委員長が採決しています。

 保守系の会派・秋水会は「防衛省が(配備の是非を)判断していないのに、市議会が賛否を判断するのはおかしい」として継続審査を求めたものの、公明党議員が「配備に反対するという決議の要求には応じられない」として不採択を主張。継続審査は否決され、秋水会の3議員が不採択に回っています。同様の請願が提出された県議会では、公明党議員は「継続審査」を主張していましたが、市議会では継続審査という曖昧な結論ではなく、一歩踏み込んだ判断を示しました。

 また、総務委員会は配備計画に関して市民に賛否を直接問う住民投票条例の制定を求める陳情について、1対7で不採択としています。

 市議会は19日の本会議で、これらの案件について最終的な判断を下します。

by shouichiro_sato | 2019-03-13 22:22 | 地方自治 | Comments(0)  

<< 専攻科修了 歩くこと >>