羽後中卒業式

 羽後町立羽後中学校(木口秀一校長)の第3回卒業証書授与式が開かれ、107名の卒業生が学び舎を巣立ちました。
f0081443_07304139.jpg
  (写真・卒業生全員がステージで「卒業の歌」を合唱。羽後中体育館で)

 卒業生代表の答辞では猪岡亮太さんが「(学校生活の中で)実に多くのことを学び、感じ、考え、そしてやがての力を育んできたように思う」「やがての力とは、人とうまく付き合う力。やればできると思える力。課題を見つけて解決すること力。今の学びを将来と結び付ける力。羽後中学校での3年間の日々は、私たちに、この4つの力を確かに育んでくれました」と述べています。

 卒業生の進路を見ると、県外も含めて17校の高校や専門校への進学を希望しており、その幅広さに驚きました。

by shouichiro_sato | 2019-03-09 21:24 | 羽後町 | Comments(0)  

<< 一寸平礼賛 4車線化 >>