人気ブログランキング |

レオパレス21

 賃貸不動産の大手レオパレス21は7日、全国で建設した1300棟余りの建物で壁や天井に不備が見つかり、7000人以上の入居者に引っ越しを要請していることが明らかになりました。同社は昨年、全国に建設した200棟余りのアパートで、建築基準法で設置が義務付けられている延焼防止用の壁がないなど、不備がありました。

 同社は今後、不備が発覚した建物の補修工事を行うとともに、担当者からの聞き取り調査で原因究明を進めていくとしていますが、アパートなどの建設ブームの中で「手抜き工事」があったのではないか?。さらにこれだけ多くの建物で不備があるとすれば、組織的にそうした建築を容認?してきたのではないか・・・・など、企業としての倫理が問われる事態です。

by shouichiro_sato | 2019-02-08 23:27 | 事件・事故 | Comments(0)  

<< 脳心血管病 人材確保 >>