人気ブログランキング |

秋商サッカー

 首都圏で開かれている第97回全国高校サッカー選手権で3日、秋田商業高校は龍谷高校(佐賀県)を1-1からのPK戦(4-2)で制し、32大会ぶりの「ベスト8」、準々決勝に進出しました。秋田商は1点を追う後半40分に、コーナーキックからへデングシュートを決めるという、土壇場での同点劇。PK戦ではゴールキーパーが好セーブを見せるなど、テレビで観戦した私も興奮してしまいました。

 昨年夏の高校野球甲子園大会で快進撃を果たした金足農業を思い出すミラクルな試合展開で、明日以降のゲームが楽しみです。

by shouichiro_sato | 2019-01-04 22:04 | スポーツ | Comments(0)  

<< 勤続章 東海大初優勝 >>