人気ブログランキング | 話題のタグを見る

話題の多い「西馬音内盆踊り」

 6日の日曜日、羽後町西馬音内の中心部で、国指定重要無形民俗文化財「西馬音内盆踊り」の藍染や端縫い衣装を一斉に陰干しする、「藍と端縫いまつり」が開かれました。

 西馬音内盆踊りまちなみ推進協議会(佐藤良友会長)が、優雅な衣装の文化や歴史に触れてもらおうと、平成12年から開催しているもので、今年は約100軒の民家や商店が参加。玄関先や座敷、店先、蔵の中にはそれぞれ特色のある浴衣や端縫いが飾られ、各家々に自由に出入りできるとあって、多くの観光客で賑わいました。

 中でも、商家の建築様式で歴史のある「黒澤家」「柴田家」「佐藤家」「利家」などには、江戸時代から伝わる藍染浴衣や生絹の端縫いが展示され、訪れた人達からは驚きの声が上がるほど。また、ポスターや写真集のモデルにもなっている踊り手がいる「阿部家」「矢崎家」「和賀家」などでは、大きな写真も展示されており、「この衣装で踊っていたんだ。綺麗だネ~」と、見とれる人たちがいっぱいでした。

 嬉しいことに、西馬音内盆踊りは年々観光客も増えています。特に最近は、踊りの衣装に関心のある専門家の訪問が多くなっています。この日も仙台、東京からの団体バスツアーがあった他、前日からの泊り客で町内の旅館は満室。酒田市の外国人グループや京都から日帰りの強行日程で来たご婦人もいて、ビックリしてしまいました。店先には、地元の女性の皆さんによる記念グッツもたくさん完成しており、土産品を探すもの楽しみになってきました。

 そうした人気にあやかってか、仙台市民の有志が実行委員会を組織し、市内の公園で今月12日から2日間、「西馬音内盆踊り」と銘打ったイベントを開催する計画があると聞いて、地元の関係者はビックリ仰天。地域の伝統行事が流出しかねないと心配しました。しかし、平成15年3月、西馬音内盆踊り実行委員会の事務局長が、「勝手に西馬音内盆踊りの名称を使われないように」と、商標登録をしてありましたので、この計画は白紙撤回になり、昨日、仙台の関係者が来町して平謝り。事なきを得ています。

by shouichiro_sato | 2006-08-08 16:03 | 羽後町 | Comments(0)  

<< 故浅野梅若さんの葬儀に参列 長野県知事選挙、田中康夫氏敗れる >>