木造船

 きょう男鹿市鵜ノ崎の海岸で北朝鮮のものとみられる木造船が見つかりました。船にはハングル文字が書かれており、中には漁具があったとのこと。今月になって県内に漂着した木造船は、これで7件目です。

 昨年の11月23日には由利本荘市の海岸に北朝鮮の木造船が漂着し、乗組員8人が保護されていますが、同時期に男鹿市では遺体も収容されています。例年この時期は日本海側の各地に木造船が漂着しているものの、今年は数も多くなっているとか。県警察でも、沿岸部のパトロールを強化しています。

by shouichiro_sato | 2018-11-26 23:45 | 事件・事故 | Comments(0)  

<< イノシシ 首都圏羽後町会 >>