人気ブログランキング |

国道13号

 福島市から山形県内陸部を通って秋田市に通じる国道13号線。その「整備促進期成同盟会第37回総会」がきょう山形市で開かれ、出席してきました。

 同路線は山形県内での整備が特に進んでおり、尾花沢市から上山市の区間はバイパスと立体交差の4車線道路となり、交通状況が大幅に改善されました。現在は東北中央自動車道となる国の直轄事業で道路改築が行われており、平成30年度中には東根IC~東根北IC間が開通予定。NEXCO東日本が工事中の南陽高畠IC~山形上山IC間も開通予定です。

 すでに事業化されている横堀道路(3.7km、調査設計・用地買収・工事)、真室川雄勝道路(7.2km、調査設計)、金山道路(3.5km、調査設計)、新庄金山道路(5.8km、調査設計・用地買収)、泉田道路(8.2km、調査設計・用地買収・工事)についても、さらに工事が進捗するものと思われ、期待が高まります。

 同盟会では来年度の予算獲得に向けて、要望活動を展開することを決議しました。

by shouichiro_sato | 2018-08-29 22:53 | 地方自治 | Comments(0)  

<< 金農に県民栄誉章 水増し >>