新しい文化施設

 予算特別委員会総括審査で、県と秋田市が旧県民会館所在地に連携して進めている新しい文化施設の整備について、見通しの甘さと今後の課題について質しました。当初の計画では総事業費は200億円。しかし昨年12月には、隣接する和洋高校を移転して用地を取得し、立体駐車場を整備すること。埋蔵文化財の調査や解体費用で31億円を増額。さらに今回、建設資材や労務単価の引き上げと県産材の使用などで、23億円を追加。総事業費は254億円と、当初の25%増になることが明らかになりました。

 建設場所を県民会館所在地に決めた時、「駐車場の問題や埋蔵文化財の調査、東日本大震災や2020東京五輪の建設需要でコストが高騰してくる」と指摘していましたが、その通りになってきました。

by shouichiro_sato | 2018-07-10 23:31 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 知事の意思 西日本豪雨 >>