人気ブログランキング | 話題のタグを見る

一日中、草刈に汗を流しました

 私の家業は農業です。しかし、11年前に町長の仕事についてからというもの、主要な農作業を隣家の従兄に委託しています。水稲育苗用のハウスも2棟ありますが、今年はその一つ(60坪のハウス)で、従兄が夏採りイチゴの試験栽培を行っています。

 真夏のこの時期に「イチゴ?」と思われるかもしれません。しかしながら、東京の有名なケーキ屋さんの店頭には年間を通して必要なイチゴのショートケーキ。日本で収穫できなければ、外国から輸入されるほど貴重なものです。夏でも冷涼な気候で、昼夜の温度差が大きい我が家の地域は、6月から7月のイチゴの端境期に収穫できることから、湯沢市秋の宮などと共に県内の産地になっていますが、真夏の8月に収穫することは今まで例がありませんでした。それが今、春に定植したイチゴは実が赤く色づき始めて、ハウスの中もあま~い香りが漂っています。

 ところが、試験栽培中ということもあり、このところ指導機関の視察や栽培者仲間の見学が多くなって、我が家の畑も多くの人の目に晒されることとなってしまいました。本来、自家用の畑は70歳を超えても元気な母親の担当でしたが、この春に入院したこともあり、従来の半分ほどの面積しか作付けされていません。あとは草が伸び放題。その傍にハウスがありますから、さあ大変です。

 そこで今日は一日中、畑や家の周りの環境整備(草刈や除草)に努めました。愛用している青いツナギ服(年中この格好です)で作業しましたが、梅雨が明けたとあって当地も30度以上の暑さとなり、全身汗びっしょり。久しぶりに気持ちのいい汗をかきました。(勿論、作業終了後は一番風呂と缶ビール)農業後継者の「面目躍如」です。

 地域ではこのあと、6日の早朝に集落内の道路環境整備(路肩の草刈)を地域の皆んなで行い、それから墓地の草刈。いよいよお盆を迎える準備が始まります。

by shouichiro_sato | 2006-08-03 23:03 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< 秋田の誇り「竿燈まつり」 「しっかりしてください」 >>