人気ブログランキング |

将来推計人口

 国立社会保障・人口問題研究所がきょう発表した2045年までの将来推計人口によると、東京を除く46道府県で減少し、日本の総人口は2015年(国勢調査の年)より約2千万人も少い、1億624万1千人になるとしています。

 さらに、65歳以上の高齢者の割合(高齢化率)が、19道県で40%以上に。総人口は35年に全都道府県で減少に転じ、45年には東京を除く道府県で15年より少なくなるとのこと。

 国勢調査をもとにした推計ですが、5年前に公表された前回よりも地方の人口減少は進むと見られ、地方創生の掛け声とは裏腹に「東京集中は加速するばかり」です。

by shouichiro_sato | 2018-03-30 23:17 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< 秋田県60万人 秋田NH >>