人気ブログランキング | 話題のタグを見る

由利工業高校

 きのう開幕した第90回選抜高校野球大会には、21世紀枠で秋田県の由利工業高校が春夏を通じて初めて出場。大会2日目のきょう、第一試合で昨秋の東京大会で優勝した日大三高と対戦。結果は0-5で敗れてたものの、次(夏の甲子園大会)につながる貴重な経験となりました。

 由利工業は昨年秋の中央地区大会で優勝し、同県大会では3位となって東北大会の県代表に。創部56年目で初出場した秋季東北大会では、初戦で弘前東(青森県)に5-4の逆転で勝ち、ベスト8入り。準々決勝では花巻東(岩手県)に2-4で敗れたものの、大健闘。

 そして、野球部員が率先して行っている挨拶運動など、「地域に愛される学校づくり」が評価されての21世紀枠出場でした。

 全国大会の舞台を踏んだことで、一段と逞しくなった由利工業。今後の活躍が楽しみですネ。

by shouichiro_sato | 2018-03-24 23:05 | スポーツ | Comments(0)  

<< 豪風関 人口減少 >>