人気ブログランキング | 話題のタグを見る

未来へのバトン

 県民会館閉館記念公演「ミュージカル・未来へのバトン」がきょう、同館大ホールで行われました(主催は指定管理者である秋田県総合公社)。出演したのは劇団わらび座、秋田吹奏楽団、「未来へのバトン」県民合唱団、ダンススタジオS.T.Rays、それに男鹿海洋・角館・大曲農業・羽後・和洋女子の各高校郷土芸能部の皆さんで、約200人。1200人を超える観客も集まりました。

未来へのバトン_f0081443_21364003.jpg
 (写真・フィナーレでは出演者全員、客席の皆さんも参加して「秋田県民歌」を大合唱)

 秋田の未来を担う高校生の力強い郷土芸能のパフォーマンスに始まり、音楽に夢を託した成田為三の「浜辺の歌」が心にしみるわらび座のミュージカル。そして吹奏楽の演奏とコーラス、ダンス、秋田民謡のコラボがあって、最後は出演者全員と会場も一緒になった「秋田県民歌」大合唱。圧巻のステージ、見事でした。

 出演者もお客さんも、記念公演に参加してそれぞれの県民会館への思いを振り返っています。同館は5月31日をもって、57年の歴史に幕を閉じます。

by shouichiro_sato | 2018-03-17 21:39 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< 彼岸入り 総括審査2日目 >>