総括審査

 2月県議会は予算特別委員会の総括審査が始まり、「人口減少」や「イージス・アショア」、「スタジアムの整備」などについて県当局との議論が行われました。

 県は新年度からの4年間で、年間約4000人で推移している人口の社会減を2050人に減らす目標を掲げていますが、達成は困難ではないかとの議員の指摘に、佐竹知事は目標は高く設定しているが全庁を挙げて目指していくと強調。

 地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備地に秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が挙げられていることについて、知事は「住民の不安もあるので、広範囲に説明を求めたい。国の言うことを丸呑みすることはない」などと答弁しています。

by shouichiro_sato | 2018-03-15 23:58 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 総括審査2日目 村岡選手が金メダル >>