代表質問

 県議会はきょうから一般質問が始まり、予算議会となっている2月議会では5人以上の議員が所属している会派が、代表質問を行っています。自民党は佐藤雄孝議員、みらいは渡部英治議員が登壇しました。

 焦点は、新年度からの県政運営指針となる「第3期ふるさと秋田元気創造プラン」や「イージス・アショア」、「人口減少対策」「スタジアム整備」「JAの役割と連携の在り方」などについて議論か交わされました。

 私も22日に一般質問の機会を得ましたので、秋田元気創造プランや新たな行財政改革、豪雪対策、スタジアムの整備について質したいと思っています。

by shouichiro_sato | 2018-02-20 22:50 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 女子団体金メダル カーリング >>